TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):自分の才能を活かし30才以降起業する手相 border=0

手相の見方とエピソード

自分の才能を活かし30才以降起業する手相

手相には伝説的に「三喜紋」という相があるとされています。
三本の線が美しく立ち上るものですね。
これは運命線太陽線財運線の三本と見て良いでしょう。

画像のものも三喜紋と言えるのではないでしょうか。

青い運命線は若い頃の運勢の状態を暗示し、20〜35才の間はあまり良い状態ではないのが分かります。
ですが、知能線から緑色の運命線、橙色の太陽線、紫色の財運線の3本が美しく立ち上がる。
この知能線との交点は特に意味があり、「自身の才能・知性により運勢を開花させる」とういわけです。
これは運命線太陽線財運線ともに当てはまる意味です。

特にこの地点から生じる太陽線による意味は強い物で、通常では考えられない方法での開運を意味するとされます。
この開運は、多分にこの人の努力によるものです。

これに加え、赤色の火星環を描いてあります。
火星環は謎の多い相とされますが、きまって成功者の手に刻まれているという不思議な相です。
混乱や災いの中から幸運を見いだすという意味があるとされます。
私の手にもあるものですが、私は前職で地位も富も名誉も友も全て失う等、凄まじい境遇の中から好機を見いだし、人生を逆転させました。
そういった意味でも、「混乱の中から幸運を見いだす」という火星環の意味は正しいのだと思います。

火星環はその位置的に30才以降より影響を強める運命線と見て良いので、この記事に追加したというわけです。Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:仕事・運勢に関する手相
[1]:さえない人生を送ってきたが30才過ぎに突如幸運が訪れる手相
[2]:ショッキングな出来事の後、人生が開運する手相
[3]:トラブルが生じるが危機一髪の所でトラブルを避け成功する人の手相
[4]:トラブルは多いが被害が最小限で済む人の手相
[5]:なにかと人からちやほやされる人の手相
[6]:悪い噂が立つ人の手相
[7]:運勢が停滞する人の手相
[8]:株で大敗する相
[9]:勘違いや実力不足により運勢が落ちる手相
[10]:困難を乗り越える度に運勢が強くなる人の手相
[11]:自身の持つ直感力が運勢を支える相
[12]:自分の才能を活かし30才以降起業する手相
[13]:実家を離れて生活する人の相
[14]:若い頃に家族からの干渉を強く受けた人の手相
[15]:若い頃のトラウマを引ずる相
[16]:若い頃は転職を繰り返すが、中年期以降は経験を活かして成功する人の手相
[17]:順風満帆な人生が衝撃的な出来事により終わる手相
[18]:職場で感情的なもつれにより孤立する
[19]:職場を転々としなにかと人生上手くいかない人の手相
[20]:親の遺産何不自由なく暮らす人の手相
[21]:中年期までは良い人生が続くがそれ以降はふるわなくなる人の手相
[22]:直感力が活かされるギャンブルで大勝利する人の手相
[23]:天下を取る人の手相
[24]:独自のアイデアにより財を成す人の手相
[25]:複数の仕事が最後に一つにまとまる運勢を持つ人の手相
[26]:慢心した為に30前半で失墜する相
[27]:40過ぎに起業する相@マスカケ線
[28]:不動産を手に入れる人の手相
オススメ手相書籍
トップへ戻る

■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。