TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):派遣労働者の手相 border=0

手相の見方とエピソード

派遣労働者の手相

派遣労働者。

あちこちの会社に派遣され、正社員がやるほどではない微妙な仕事を任される。
昔はスペシャリストの象徴だったのですが、今ではアルバイトやパートと変わらない仕事をさせられるケースも多々ありますね。

いつ首を切られるかも分からない。
そんな不安定な境遇に置かれる派遣労働者の方の手相を考えてみましょう。

まずは太陽線財運線が無い。
緑色の点線丸内は本来太陽線が刻まれるべき場所ですが、当然社会的な評価は低いので太陽線が刻まれていない。
赤色の点線丸内は財運線が刻まれる場所ですが、財力も決して高い訳ではないので財運線がない。

まず、運命線が切れ切れ。
当然、一つの会社に居続けられるケースは少ないわけですので、当然と言えば当然。
青色の運命線が20才前頃から生じているので、学校での就職活動が上手くいかず、「とりあえず派遣社員でいいや」と安易な考えで派遣社員になってしまったのかもしれません。
ですが青色の運命線は20才前半で妨害線により妨害され止まってしまう。

「あー君、来期の契約はしないから」と簡単に雇用契約をうちきられてしまう、そんな立場の弱さが手相から感じ取れます。
その後、新たな契約先で仕事をするも、やはり数年後に雇用契約を打ち切られてしまうことが、緑色の運命線を見れば分かります。
その後、赤色の運命線が暗示する新しい雇用先では、プレス作業の工場で高速プレスの仕事を行う事になりました。

一秒間に一度のペースで、金型を打ち付ける50トンプレスから、ペンチを使って整形された製品を取り外し箱に入れる仕事です。
ですがろくな安全教育もなく現場に投入されたこの方は、うっかり金型から外れた製品を取ろうとプレスの中に実を乗り出してしまいました。
そして降りてくる50トンものプレス・・・・。

彼の運命は、ここで終わってしまったのです。
享年30歳。
短い人生でした。

赤色の運命線は、強く太い妨害線により断ち切られるように消えています。
運命線よりも太い妨害線は、身を裂くような不運な出来事を意味しています。
それは時として、命を奪うほどの悲惨な出来事です。Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。