TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):悪い相手に巡り会い痛手を被る手相 border=0

手相の見方とエピソード

悪い相手に巡り会い痛手を被る手相

さてさて、前回と似た感じの記事になってしまいましたが、復習という意味も兼ねて考えてきましょう。

まずは青色の運命線
前回の例にのっとり、緑色の影響線が刻まれています。
時期としては24才前後でしょうか。
それ以降、青色の運命線には島が出ていますね。
運命線上の島は運勢の停滞を意味する相ですので、悪い相手に出会ったことにより運勢が停滞してしまったことを意味する。
例えば、
・結婚相手が大酒飲みで家族に対して暴力をふるうが、離婚することも出来ない。
・結婚相手が莫大な借金を背負っていて、この借金を共に清算するハメになった。
等々。
この期間は島が刻まれている時期で、24〜26の2,3年といった所でしょうか。

26才頃、黒色の妨害線が生じている為、運勢上に大きなトラブルを生じた。
同時期に赤色の結婚線から妨害線が延び、26才頃を切るため、このトラブルはパートナーから受ける大変悪い妨害を暗示するもの。
例えば、パートナーが運営していた会社が行き詰まり、夜逃げするハメになったといった感じ。
それ以降、青色の運命線は先細りしていくので、運勢的に低下していくのは避けられない感じ。

沢山の手相を観てきましたが、こういった相は案外よくある手相です。
あなたの手相にもこんな相ないですか?
あれば要注意。
パートナー選びは、あくまで慎重に。

Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。