TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):夫婦関係が悪く諍いが多い人の手相 border=0

手相の見方とエピソード

夫婦関係が悪く諍いが多い人の手相

喧嘩するほど仲がいいといいますが、何事も度が過ぎると良くないものです。
結婚したものの、当初から意見の食い違いが多く、喧嘩が絶えなかった。
趣味も合わないし、仕事仕事の夫に嫌気がさしてくる。
離婚したいものの、子供もいるから離れることも難しい。

そんな、冷め切った夫婦が向かう、哀しいBAD END的な相を考えてみましょう。

まず、青色の運命線を切るように刻まれる緑色の影響線。
影響線は男女ともに結婚の時期を暗示するものですね。
男性の場合は、仕事上の良い出会いを暗示する場合もあります。
ただ、ここでいう出会いというのはあまりよいものではなく、結婚したものの相性が悪く夫婦仲が良くなかったり、相手から色々とトラブルを持ち込まれたりと、悪い縁を暗示するものです。
この方の場合、25歳頃に影響線が刻まれているため、この時期に結婚されたものの、当初から夫婦仲は良くなかったと考えて良いでしょう。

赤色の結婚線を見ると、なにやら末端がY字型に分かれているようですね。
末端が分かれる結婚線は、お互いの気持が徐々に離れていってしまうということを意味します。
結婚当初は親密だった関係も、時を経るごとに冷めていき、今では会話もほとんどない、といった感じになってしまうかもしれません。
また、夫の単身赴任等で物理的に離れてしまう場合も、含まれます。

その後、40歳頃に、大きな妨害線が刻まれているのがわかると思います。
この妨害線は赤色のY字の結婚線の末端付近から生じているようですね。
何らかの大きなトラブルが、お互いの気持を疎遠にさせてしまったのかもしれません。
また逆に、お互いの気持が疎遠になってしまったことで、トラブルを招いた可能性もあります。
どちらにせよ、大変大きな恋愛上のトラブルを暗示する相です。

その後、50歳頃で感情線より生じた青色の妨害線が生じていますね。
感情線から生じた妨害線は、感情的なトラブルを暗示するものですね。
また、感情線自体が恋愛・結婚を暗示する相でもあるため、恋愛・結婚生活上のトラブルを暗示する場合もあります。

あるところで運命的に出会い、トントン拍子に結婚に至ったものの、結婚してみたらこんな人だとは思わなかった・・・なんてケースあるかもしれませんね。
ただ、私は男女の愛情というのは、初めからそこにあるのではなく、お互いが育てていくものだと思っています。
知識は広く進み、愛は深く進む。Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。