TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):お金関係のトラブルに巻き込まれる人の手相 border=0

手相の見方とエピソード

お金関係のトラブルに巻き込まれる人の手相

友人とのお金の貸し借りは、現金・・・いえ厳禁です。
お金を貸して返ってこなければ、相手からはあなたは「貸した金額以下の人間」と見られている。
そんな風に、ある人から教わりました。

どんなに親しい間柄でも、いえ、親しい間柄だからこそ、お金の貸し借りはしないようにしなければいけませんね。

例えお金を返すことができても、お金を借りたという恩を返す事は難しい。
相手に借りを作ってしまった事になるわけですね。

さて、今回はそんな危険一杯なお金のトラブルに関して考えていきましょう。

画像の赤色の運命線は、20才前半より生じて27才頃まで続きますね。
この赤色の運命線は、島になっています。
島はどの線上にあっても停滞を暗示するもの。
これが明確に金銭に関するトラブルを現す相ではないですが、過去の鑑定の経験から見て、借金に追われて中々返済ができず苦しんだ期間に、島が現れることがあるようです。

その後、27〜30才の間に運命線上に空白期間がありますね。
空白期間は仕事を辞めるものの、中々次の仕事が見つからない、といった意味合いがあります。
会社を辞めたことがある人は分かると思うのですが、毎月の税金が重い重い・・・。
税金は前年の収益を元にふりかかってくるものなので、毎月4、5万という税金を、会社を辞めてから払い続ける訳です。
この期間に闇金に手を出して借金をし、泥沼にはまっていくというケースもよく聞きます。

この手相の場合、幸いな事に30才以降は青色の運命線が新たに生じているので、仕事を見つけることが出来たのでしょう。
その後、46才頃までは運命線が続きます。
が、46才頃に妨害線により青色の運命線が妨害され、止まっていますね。
妨害線でとまる運命線は、大変大きなトラブルに巻き込まれ、運勢が終わる事を意味しています。
時には死を意味するものですので、注意が必要ですね。

この画像の方は、財運を暗示する水星丘に多数の金銭トラブルを暗示する相が出ているため、この46才頃の妨害線は、金銭トラブルによるものだった可能性が高い。

青色の財運線の上に生じる×印は、金銭的に大きなトラブルを生じることを暗示させるもの。
×印は妨害線が二つ重なったものなので、その度合いは大きい。

水星丘にあるホクロは、事業上の失敗を意味する相。
事業に失敗し、多額の借金を背負ってしまう恐れがあります。

緑色の財運線は島の状態ですね。
この方の場合、赤色の運命線上に島があるように、金銭的に停滞するような苦しい時期が合ったことを意味します。

お金は無くても困るし、ありすぎてもまた色々と悩むもののようです。
どこかで「毎日とんかつ定職食べられるくらいになりなさい。それが多すぎず、少なすぎないお金の量だ」と聞いたことがあります。
まぁ、自分は肉食えないんで、毎日寿司を食えるくらいになるよう頑張ってます。
・・・太っちゃいそうですが(笑)Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。