TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):不動産収入により食べていける人の手相 border=0

手相の見方とエピソード

不動産収入により食べていける人の手相

不動産を持っている人はいいですね。
先祖代々伝わっている土地で畑を耕したり、駐車場作ったり、アパート建ててみたり。
自分は次男坊な上に、実家は貧乏なんで土地もない。
まぁ自分で稼ぐしかないですわな。
それが面白いといえば面白いですが。

さて、今回は不動産収入により食べていける人を考えてみましょうか。
画像の青色の運命線が、20台後半から生じて人生末期まで至る。
途中、40歳頃から赤色の線が太陽丘・水星丘方面へと伸びているのがわかると思います。
これ、一種の開運線だと思うんですが、不動産線という線ですね。
要するに不動産を得られるほどの大きな財産を得られることを表すもの。
不動産を得られるほど・・・というと5000万円くらい?
これだけの大金を得られるとすると、一ヶ月100万円くらいはもらえる境遇?
うーん、想像できない収入ですね。

不動産線は、画像の青色の運命線から、太陽丘方面へとまず伸びていくようです。
それから、収益が強くなるに従い、財運線が刻まれる水星丘へと更に伸びていく。

私もどこか小高い丘に家を建てて、犬と猫を飼いながら家族とまったり暮らしたいなんて夢があります。
それにはまだまだ稼がないといけませんね。
嫁さんも探さないと・・・。Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。