TOP | 手相無料鑑定プログラム | 手相関連書籍|

■相別一覧
感情線/ 結婚線/ 生命線下/ 生命線上/ 仕事線/ 太陽線/ 手首線/ 知能線/ 運命線下/ 運命線上/ 財運線/ 努力線/ 反抗線/
[第1章]:職業に関する手相
[第2章]:仕事・運勢に関する手相
[第3章]:病気・怪我に関する手相
[第4章]:性格に関する手相
[第5章]:恋愛・結婚に関する手相
[第6章]:旅行に関する手相
[第7章]:財運・お金儲けに関する手相
手相画像(メイン):金儲けに興味がでてきた相 border=0

手相の見方とエピソード

金儲けに興味がでてきた相

お金儲けというと、なんともあさましく嫌らしい印象を受ける人もいるでしょう。
性格は人それぞれ。
お金儲けに対して嫌悪感を抱きがちな人とは、画像の青色の知能線のように、末端が月丘へと緩やかに向かうタイプの知能線の持ち主です。
知能線はその末端が月丘下へと向かえば向かうほど、精神的・芸術的な方面への才能があると観ます。
逆に、末端が上向きに向かえば向かうほど、現実的・物質的・金銭的な才能があると観ます。

この青色のタイプの知能線の持ち主は、あまりお金儲けや所有欲がなく、ある意味金銭を得る事に対するガッツが足りません。
それ故、お金を得られにくい状態となるわけです。
ですが稀に、そんな彼らの知能線から不思議な支線が出ることがあります。
それが、赤色の支線ですね。

丁度知能線の中央付近から生じるこの赤色の支線。
本来は精神的・芸術的な性質を持つ人が、ある時期に物質的・金銭的な才能に芽生えるということを表しているものです。
彼らは形のないものをお金にするのが上手く、芸術的なセンスもあるため、独自の方法でお金を儲けられるようになります。

私の右手にある手相がまさにコレ。
占いやプログラムという形のないものを使うことで、収益をあげられるようになってきました。

大抵の場合、このタイプの知能線を持つ人は、社会にでて非常に苦心しただとか、お金に困るような状況にあったことで、お金に興味を持たざるを得なかったようです。

金が無いのは首がないのと同じやな・・・という名言もありますしね。Copyright (c) 2004-2017 omoti


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■項目
職業に関する手相
仕事・運勢に関する手相
病気・怪我に関する手相
性格に関する手相
恋愛・結婚に関する手相
旅行に関する手相
財運・お金儲けに関する手相


相互リンクしてくださるサイトを募集しています。
相互リンク希望の方は「tesoua(^_^)gmail.com」までメールお願いします
※(^_^)を@に置き換えて下さい。

■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。